アシュラン化粧品使ってみました!口コミ的情報サイト

Read Article

甘草の効能がアシュラン化粧品の最大の特徴なのか?

甘草の効能がアシュラン化粧品の最大の特徴なのか?

アシュラン化粧品の成分を調べてみて、中でもグリチルリチン酸2K(ジカリウム)への注目が高いことが解りました。

そこで、これらの原料になっている植物「甘草」とはどのようなものか?その効能などを調べてみました。

スポンサーリンク

甘草とは豆科の多年草。

18種類あり、漢方薬としての効能が古くから認められており、根を乾燥させたものを生薬として用いられている。

日本では甘草のみの漢方薬「甘草湯」という処方もあり(漢方で生薬を単独で使うのはまれ)、喉の痛みや咳を鎮める効能があるとされています。

グリチルリチンは肝機能障害、アレルギーに有効であるとされ、内服薬あるいは輸液に製剤化されています。

グリチルリチンを加水分解して得たグリチルレチンは、その消炎作用から目薬としても用いられています。

そして、消炎作用や美白の効果を持ち、アシュラン化粧品の他にも多くの化粧品に配合されている、とてもポピュラーな植物なのです。

その他にもエキスは甘味料として用いられたりもしています。

…確かに甘草無くしてアシュランの美白は語れないとも思いますが、これだけでは使用している化粧品は限りないようです。

他にも、アシュランにはオウゴンエキスやカミツレエキス、ローズ水などのハーブが配合されています。

例えばオウゴンエキス(コガネバナエキス)は、コガネバナの根である黄芩(オウゴン)から抽出し て得られるエキスで抗炎症作用・抗アレルギー作用・チロシナーゼ阻害作用・抗菌 作用・収れん作用・紫外線吸収作用・フリーラジカル消去作用があるそうです。

甘草単品がどう…というよりも、そういう他のハーブの効能もうまく配合し、総合的な効果がアシュランの化粧品の特徴なのかもしれませんね。

 

Return Top