アシュラン化粧品使ってみました!口コミ的情報サイト

Read Article

アシュラン化粧品のセミナーに行ってきました!

アシュラン化粧品のセミナーに行ってきました!

わたしはまだひと月前にホームパーティーで初めてアシュランを知り、サンプルをいただき使い切ったところなのですが、まだ購入するかどうか?は決められなくて…。

とりあえず友人とマネージャーさんに誘われたので、セミナーに参加してみることにしました。

スポンサーリンク

セミナーはホテルの宴会場?みたいなところで行われました。

会場が”ホテル”だからかな?

50歳代、60歳代のかたが多いように思うのですが、結構皆さんがきらびやかなお洋服でビックリしました。

わたしなんかよりも、ずっと女性らしくオシャレしている感じです。

ホテル

そして、会場に集まった女性はみな同じような「真っ白な肌」というのが、またビックリで!

みんなが白過ぎて、なんだかわたしにはキレイというよりも”怖い”という気さえしました。

それにしても…アシュランのセミナーはどちらかというと、使っていない初めての人がお話を聞く…というよりも、なんだかすでに愛用しているかたのほうが多いような気がして、マネージャーさんに尋ねてみると。

アシュランは会員になって化粧品を購入すると、ディストリービューター(販売者)として活動する、しないに関わらず、愛用者は定期的にセミナーへ参加することが求められるそうです。

「え?何度もセミナーでお話を聞かなければいけないんですか?」

「いつも正しくアシュラン化粧品の事を知っておく必要があり、定期的に参加することで、愛用者全員が”同じ知識”を頭にいれておくためよ」とのこと。

そしてセミナーの後には必ず親交を深めるためのティータイムが各担当マネージャーさんのもと、開催されるのが通常のようで、この日もラウンジでお茶をしました。

シャンデリア

大きなソファーで、こんなきらびやかなお洋服を身に着けたマネージャーさんたちに囲まれて座っていると、なんだか自分もとても優雅な人になったような気持ちに一瞬なりました。

一緒に行った(わたしをアシュランに誘ってくれた)友人は「こういうのがずーっと毎日だったらいいよね」とうっとりしていました。

わたしは、友人を見て、逆に醒めてきたかもしれない…。

愛用者へも定期的にセミナー参加をするように促すのは、「正しい知識」を知っておくためだけではなくて。

実は、定期的に、こういう”非日常”なきらびやかさを見せて、こういうのに憧れたりする気持ちを高めて、ただの愛用者をいつのまにかディストリービューターになりたい!と思わせてしまう戦略。

あるいは、定期的にセミナーをすることで、「こんなふうになったのよ」とお肌の成果を互いに見せ合い、情報交換したりする場所を積極的に創って、いつまでも商品に対するモチベーションをあげておくことも狙いなのかな、とも感じました。

これは個人的な感想なので、本当はどうなのか?はわかりませんが…。

でも、わたし的には人との集まりは好きなほうでは無いので、これを義務づけられるとしたら…ちょっと面倒くさい感じがしました。

お茶の代金はすべてマネージャーさんが支払ってくださいました。

マネージャーさんが言うには、「これはいつものことだから。みんながあって自分があるからね。アシュランはそういうところなのよ」と、言ってらっしゃいました。

Return Top