アシュラン化粧品使ってみました!口コミ的情報サイト

Read Article

グリチルリチン酸2Kはステロイドと同じ?

グリチルリチン酸2Kはステロイドと同じ?

アシュラン化粧品や、その他、敏感肌の人用のクリームや洗顔料、シャンプーなどにも使われているグリチルリチン酸2Kという成分。

スポンサーリンク

これは主に「甘草」という薬草としてもおなじみの植物から採取されており、”ステロイド様作用”といってステロイドとまるで同じような働きをするものだと言われています。

しかし、現在、ひろく一般的に敏感肌用の化粧品などに、グリチルリチン酸2Kが使用されています。

安全性はどうなのでしょう?

口紅

体内の副腎皮質から産生されるホルモンを副腎皮質ホルモンといいます。

こ のホルモンは体内外の炎症の抑制や免疫反応などに関わっているホルモンで、ストレスや病原などによって分泌されます。

しかし、このホルモンが足りないと、発疹が出たり、炎症が治りにくかったりするので、外からこのホルモンの働きを助ける「ステロイド」が皮膚科でも有効な治療方法でした。

上手に利用すれば、皮膚の炎症を素早く抑えるのにはとても効果的なのですね。

ですが、アトピーなど、皮膚の敏感なかたは1度や2度の単発使用だけでなく、発疹が出ると処方される…というように継続して使う事が多くなってきます。

発疹ができたら、通常は何もしなくても身体は反応して、免疫抑制作用が働くはずなのですが…。

いつもステロイドで副腎皮質ホルモンを補われているので、身体から「作らなくてもいいよ」という間違った指令が脳に届いてしまうので、免疫抑制作用が働きづらくなることもあるのです。

すると、今までのステロイドの量ではどんどん効かなくなったり。

効かなくなると、今までステロイドによって一時的に抑え込まれていた発疹が急激に皮膚上に出てきたり、それが「副作用」として取り上げられたりしてきました。

炎症や発疹がステロイドによって完治しているわけでなく、ただ抑え込まれていただけだったのです。

そのステロイドと同じような働きをするのが、甘草由来のグリチルリチン酸2Kなのですが。

グリチルリチン酸が持つ痒みや炎症を抑える力は、ステロイド剤が持つ同じ力と比べるとはるかに弱いです。

免疫抑制作用に弊害をもたらすこともステロイドに比べて弱いです。

ちなみに、グリチルリチン酸2Kが肌にトラブルを生じさせる恐れがある配合は全体の7%以上だということです。

その点では、日本では薬事法で健康を損なわない量というのが守られたものしか販売の認可はおりないので、流通しているものはすべて一般的に「大丈夫な量」の配合であるはずです。

しかも甘草という漢方で使われる天然のものです。

上手に作用を利用すればツルツルのキレイな肌を叶えることができると思います。

ですが、それに対して、人それぞれ肌が違い、例えばアロエなどで肌が過敏に反応する方もいるので、相性はあるとおもいます。

さらに最近は、安心して使えるように、量を調節できるように自分でこのグリチルリチン酸2K入り化粧水を作るかたも多いようです。

グリチルリチン酸2Kを使って自分で化粧水を手作りする方法

 

Return Top